>  > 印刷コストの低いプリンターランキング

印刷コストの低いプリンターランキング

スポンサードリンク

キャノン、エプソン、ブラザーのインクジェットプリンターの中で、印刷コストの最も低いプリンターを比較する。

代替インクはデメリットも多い

昔のプリンターは本体価格が非常に高くてインク代が安かったが、近年は逆転。本体価格が非常に安くて、インク代が高くなってしまった。

そこで、インク代を節約するために「エコリカ」のような代替インクを使う手もあるが、以下の様にデメリットも多い。

  1. プリンター本体が壊れやすくなる
  2. トラブル時、メーカー保障期間内でも無償修理を断れる可能性が高い
  3. インクの品質が純正より低い

レーザーよりもインクジェットの方が安い

そこで、純正インクの中でランニングコストが最も安いプリンターを調査する。

インク代や電気代を含めたランニングコストは、レーザープリンターよりもインクジェットプリンターの方が安い。

また、BCN AWARD「インクジェットプリンタ」で紹介されているが、そのインクジェットプリンターの日本市場は、近年エプソンとキャノンとブラザーで90パーセント以上のシェアを占めている。

よって、エプソンとキャノンとブラザーに限定して印刷コストが低いインクジェットプリンターを比較する。

個人向けのインクジェットを比較

個人向けのインクジェットプリンターはA3サイズに対応している機種もあるが、今回はA4サイズ以下に対応している製品のみを、メーカー別に比較する。

キャノン

キャノン製の個人向けプリンター中で、印刷コストが最も低い機種は次の2つ。

キャノン製個人向けプリンター比較
型番 iP7230 MX923
印刷コスト
(A4普通紙カラー1枚あたり)
8.1円 8.1円
コピー・スキャン ×
LAN 無線 無線・有線
価格 12,950円 23,022円

(価格は2016年4月時点、Amazonの最安値を参照)

キャノン「PIXUS iP7230」は、コピーやスキャンはできないが、プリンター本体の価格が非常に低いことが特徴だ。

ただし、有線LANに対応していないので、無線LANを搭載しているパソコンのみ印刷が可能だ。

無線LANが搭載されていないパソコンから印刷したい場合は、データをUSBメモリに入れてプリンターに差し込んだ後に印刷することになるので、手間がかかる。

一方、キャノン「PIXUS MX923」はカラー印刷に加えてコピーやスキャンが可能。有線LANにも対応している。

エプソン

エプソンの個人向けインクジェットプリンターは印刷コストが高いため、A4サイズ印刷時のインクコストを公表していないの。よって今回は省略する。

ブラザー

ブラザー製の個人向けプリンター中で、印刷コストが最も低い機種は次の1つ。

ブラザー製個人向けプリンター比較
型番 DCP-J983N
印刷コスト
(A4普通紙カラー1枚あたり)
4.6円
コピー・スキャン
LAN 無線・有線
価格 32,488円

(価格は2016年10月時点、Amazonの最安値を参照)

2016年8月、ブラザーから、従来製品に比べてインクカートリッジの容量を数倍に上げてインクコストを1/2にした「PRIVIO DCP-J983N」が発売された。

DCP-J983Nは通常の1年保証に加えて、1年保証が終わってから2年間で1回だけ無償修理サービスが受けられる。

法人向けのインクジェットを比較

法人向けは個人であってもネットで簡単に買える。法人向けのインクジェットプリンターはA3サイズ対応やモノクロ印刷専用の機種もあるが、今回はA4サイズ以下でカラーに対応している製品のみを、メーカー別に比較する。

キャノン

キャノン製の法人向けプリンター中で、印刷コストが最も低い機種は次の3つ。

キャノン製法人向けプリンター比較
型番 iB4030 MB5030 MB5330
印刷コスト
(A4普通紙カラー1枚あたり)
6.1円 6.1円 6.1円
コピー・スキャン ×
LAN 無線・有線 無線・有線 無線・有線
価格 12,938円 22,383円 30,374円

(価格は2016年4月時点、Amazonの最安値を参照)

キャノン「MAXIFY iB4030」は、コピーやスキャンはできないが、プリンター本体の価格が非常に低いことが特徴だ。

次の、キャノン「MAXIFY MB5030」は先ほどのiB4030とは異なり、カラー印刷に加えてコピーやスキャンが可能。

最後に、キャノン「MAXIFY MB5330」は先ほどのMB5030より性能が向上し、最大可能給紙枚数が500枚に増えている。

エプソン

エプソン製の法人向けプリンター中で、印刷コストが最も低い機種は次の1つ。

エプソン製法人向けプリンター比較
型番 EP-M570T
印刷コスト
(A4普通紙カラー1枚あたり)
0.6円
コピー・スキャン
LAN 無線・有線
価格 38,652円

(価格は2016年10月時点、Amazonの最安値を参照)

2016年、エプソンから印刷コストを極限に抑えた「エコタンク搭載プリンター」が発売された。

プリンターの印刷コストは、最も低い機種でもモノクロで2円、カラーで6円程度であったが、エプソンのエコタンク搭載プリンターはモノクロで0.3円、カラーで0.6円まで抑えている。

また、エコタンク搭載プリンターのインクはカートリッジ式からボトル式に変わり、インク交換の頻度も大幅に下げることができる。

ブラザー

印刷コストが個人向けより低い製品がないので、省略する。

1位はエプソンのEP-M570T

今回紹介したプリンターの印刷コストランキング1位に輝いたのは、先ほど紹介したカラー印刷を1枚あたり0.6円まで抑えたエプソンの「EP-M570T」である。

スポンサードリンク