>  > 何でも充電できるモバイルバッテリーを比較

何でも充電できるモバイルバッテリーを比較

スポンサードリンク

スマートフォン、タブレット、ノートPC、モバイルルーター、ゲーム機、電動工具など、どんなモバイル端末でも充電できる、家庭用(AC)コンセントが内蔵されたモバイルバッテリーを比較する。

1kg以下の製品に限定

家庭用コンセントが内蔵されたモバイルバッテリーは日本でいくつか販売されているが、その中で本体重量が1kg以下の製品に限定すると、次の3製品が該当する。

コンセント内蔵モバイルバッテリーを比較
メーカー サンワサプライ リンクスインターナショナル Goal Zero
製品名 700-BTL025 enerpad AC-24K Sherpa 50 Recharger V2 (R2)
+
Sherpa Inverter AC Inverter V2
電池の種類 リチウムイオン リチウムイオン リチウムイオン
電池容量 41.3Wh
11,400mAh
86.4Wh
24,000mAh
50Wh
充電目安 iPhone6s:4回
XperiaZ5:2.5回
iPad:1回
不明 不明
出力端子 AC×1
USB×1
AC×1
USB×2
AC×1
DC×1
USB×1
最大出力 AC:65W(100V 50Hz)
USB:DC5V/2.4A
AC:85W(100V 60Hz)
USB:DC5V/2.4A
AC:100W(100V)
DC:75W(12V/6A)
USB:DC5V/1.5A
スマホの急速充電 ×
ACとUSBの同時出力 × ×
本体の充電中にACまたはUSB出力 × × 不明
本体の充電時間 3~4時間 4~5時間 3時間
電池残量の確認機能
重さ(本体のみ) 600g 700g 500g+160g
保証期間 6ヶ月 6ヶ月 不明
繰り返し充電 500回 500回 1,000回
その他 microUSBケーブル付き 別売のソーラーパネルやシガーソケットから充電可能。
冷却ファンを搭載
価格 12,800円 29,215円 24,198円+6,048円

(価格は2016年7月時点におけるAmazonでの最安値を参照)

サンワサプライ「700-BTL025」

サンワサプライ社のモバイルバッテリー「700-BTL025」は本体が軽くて価格が低く、そして価格の割に電池容量が大きいことが特徴だ。

「700-BTL025」はコンセント部分が周囲よりへこんでいるため、電源プラグによっては挿しにくい場合もあるが、市販の電源延長ケーブルを挿せば問題なく利用できる。

なお、「700-BTL025」はおそらく日立マクセル社が販売した「MPC-CAC11400」のOEM(相手先ブランド製造)であり、性能や価格がほとんど同じなので、どちらを購入しても製品に違いはない。

リンクスインターナショナル「enerpad AC-24K」

リンクスインターナショナル社のモバイルバッテリー「enerpad AC-24K」は、24,000mAhという大容量のサンヨー製リチウムイオン電池を搭載していることが特徴だ。そしてUSB出力端子が2つも付き、ACとUSBの同時出力も可能だ。

一方、電池容量の割には価格が高い。

Goal Zero「Sherpa 50 Recharger V2 (R2)」+「Sherpa Inverter AC Inverter V2」

Goal Zero社のモバイルバッテリー「Sherpa 50 Recharger V2 (R2)」は、別売(下の画像の製品)の「Sherpa Inverter AC Inverter V2」を取り付けることで、AC出力が可能となる。

AC出力は最大100Wであり、本体の充電時間は短く、繰り返し可能な充電回数は1,000回もある。

「Sherpa 50 Recharger V2 (R2)の最大の特徴は、別売(下の画像の製品)のソーラーパネルを取り付けて太陽光発電で充電ができ、災害時に役立つことだ。

一方、電池容量の割には価格が高く、スマートフォンの急速充電にも対応していない。

タブレット向けモバイルバッテリーとの違い

スマートフォンやタブレット向けのモバイルバッテリーとの違いは、コンセント内蔵型モバイルバッテリーの方が、電力の最大出力が大きくて使用用途も幅広い一方、電池容量の割に価格が高くて重量も重く、商品数が少ないことだ。

スポンサードリンク