>  > 騒音をカットできるグッズを比較

騒音をカットできるグッズを比較

スポンサードリンク

耳栓やノイズキャンセリングヘッドヘッドホンなど、周囲の騒音をカットできる勉強グッズを比較する。

耳栓は数百円、ノイズキャンセリング機能は1万~

周囲の騒音をカットできるグッズとして「耳栓」「ノイズキャンセリング機能付きウォークマン」「ノイズキャンセリング機能付きヘッドホン」を比較すると以下の表のようになる。

騒音カットグッズの比較
耳栓 ノイズキャンセリング機能付きウォークマン ノイズキャンセリング機能付きヘッドホン
騒音カット能力 低い 高い 高い
メリット 価格が低い 音楽で周囲の音をさらにカットできる。
バッテリーの持続時間が長い。
音楽で周囲の音をさらにカットできる
デメリット 耳が圧迫される ノイズキャンセリング機能はウォークマン使用時にしか作動しない バッテリーの持続時間が短い
価格 数百円 1万円~ 1万円~

耳栓

私が読んだ勉強本にはピップ社の耳栓「イヤーホリデイ」が紹介されていた。

私は実際にイヤーホリデイを使ってみたが、外部の音を少しカットする程度だった。

価格が安いことがメリットだが、耳が圧迫されることがデメリットだ。

ノイズキャンセリング機能付きウォークマン

私の学生時代、周囲の騒音をカットするのに一番役立ったのはソニーのノイズキャンセリング機能付きウォークマンである。

特に、ウォークマンに動画共有サイトでダウンロードした「雨の音」を収録した音源やヒーリング系の音楽を入れておくと効果的であった。

ノイズキャンセリング機能で機械音と(少しだけ)人の声をカットし、音楽で人の声が中和されるからだ。

ソニーのノイズキャンセリング機能付きウォークマンは2015年12月時点でNW-S13が最も安く、価格は約1万1000円。バッテリーの持続時間はノイズキャンセリング機能時で62時間もあるため、騒音カット機器としての性能は十分でしょう。

ノイズキャンセリング機能付きヘッドホン

近年ではスマートフォンが普及し、ウォークマンではなくスマートフォンで音楽を聴く人も多いでしょう。

そこで、スマートフォンを持っている人にはノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンがオススメ。

特に、折りたたんでポケットに入るサイズで、iPhoneとAndroid端末に両対応した製品がオススメだ。

Bluetooth対応型

その1つは、ソニーの「MDR-EX31BN」のようなBluetooth対応型のヘッドホン。

Bluetoothのように無線通信なら、スマートフォンに限らずあらゆる端末に対応できることがメリットだ。

ただしMDR-EX31BNの場合、バッテリーの持続時間はノイズキャンセリング機能時で9時間しか持たず、バッテリーが切れるとヘッドホンとして使えなくなることがデメリットだ。

有線型

一方、ソニーの「MDR-EX750NA」のように有線型のヘッドホンであれば、バッテリーが切れてもイヤホンとして使える。また、バッテリーの持続時間も16時間と長い。

MDR-EX750NAはiPhoneとAndroid端末に両対応し、価格は約2万円。また、MDR-EX750NAはハイレゾ音源に対応しており、勉強だけでなく、音楽が好きな人にも向いている製品だ。

スポンサードリンク