>  > なぜか高い教員の性犯罪率

なぜか高い教員の性犯罪率

スポンサードリンク

統計上、教員の性犯罪率は一般人の1.7倍である。権力を悪用できる職業ほど犯罪率が高いが、教員の性犯罪率を下げるには、権力を乱用させない監視体制が必要だ。

「わいせつ行為」による処分件数は一般人の1.7倍

京都教育大学-教員の精神的健康への一視角によれば、京都教育大学教授の榊原禎宏氏が統計を取った結果、学校の教員の「わいせつ行為」による処分件数は、一般人に比べて過去8年間で平均1.7倍である。
男性の年収別結婚率
(出典:京都教育大学-教員の精神的健康への一視角)

昔から、「更衣室にカメラが仕掛けられていた」や「生徒がセクハラされた」といった教員の性犯罪がたびたび報道されてきた。私は教員だから特に注目されて報道されているのだろうと思っていたが、報道の件数が多い理由は実際に犯罪件数が統計上高いからだった。

権力を悪用できる職業ほど犯罪率が高い

性犯罪の事件でよく報道されるのは、(無職を除けば)学校の教員や警察官による犯行であるが、一般的に権力が高く、その権力を悪用できる職業が多い。

例えばメディア業界の場合、権力そして平均給与が最も高いのはNHKであるが、NHK職員の性犯罪や窃盗、横領事件の逮捕件数が他のメディアに比べて異常な高さだ。

性的欲求が犯行目的ではない

鈴木伸元氏の著書「性犯罪者の頭の中」によれば、性犯罪者は性的欲求が犯行目的ではなく、スリルを味わいたくて犯行に及んでいる。

人間は権力を持つことで「自分にはこんな力がある」という万能感を手に入れるが、行き過ぎると「自分は何をやっても許される」という錯覚を持ってしまうのだ。

よって、教員の性犯罪率を下げるには、権力を乱用させない監視体制が必要である。例えば北欧の学校では教室に何人もの教員がいて共同で授業をしたり、保護者が授業参観をしやすくしていたり、教室の壁自体をなくしている学校もある。

このような環境では、日本の学校のように「教員が生徒に罵倒を浴びせる」といった権力を悪用した行為がしにくい。

スポンサードリンク