>  > 高専生活にかかる費用

高専生活にかかる費用

スポンサードリンク

高専の学生生活でかかる実際の費用を、私の体験をもとに紹介する。

国公立の高校とほぼ同じ

国公立の高専の場合、一般的な国公立の高校と比べて授業料は年間10万円ほど高いが、教科書代や教材費など、その他の学校にかかる費用はほとんど同じである。

生活費は70~80万円

食費代・保険代・電話代など、学校に関係ない費用も全部合わせると、高専生にとって生活費はいくら必要であろうか?

下の表は「日本学生支援機構-平成18年度学生生活調査(PDF)」による国立大学の学生の標準的な生活費と家庭の経済状況を調べたものである。

表は大学生のデータであるが、一般的な高専生は学習塾へ行かないため、つまり学校外教育費がかからないため、生活費はほとんど同じ金額または少し低い金額になるでしょう。

表の授業料の金額(自宅通学の場合は50万1200円)を高専の授業料の金額(高専1~3年生は11.6万円、4~5年生は23.5万円)に置き換えれば、生活費を試算できる。つまり、自宅から通う場合、高専1年生の生活費は104万5100円-50万1200円+約11.6万円=年間約66万円と想定できる。

同様の計算で、寮から通っている高専1年生の場合、生活費は119万1100円-47万1900円+約11.6万円=約83万円。

大学生の生活費の内訳(大学昼間部)
(国立大学の場合) 自宅 学寮 下宿・アパート・その他
収入 家庭からの給付 701,900 761,300 1,389,700
奨学金 204,800 419,600 292,700
アルバイト 322,800 235,600 279,900
定職収入・その他 37,000 40,700 48,200
1,266,500 1,457,200 2,010,500
支出 授業料 501,200 471,900 511,800
その他の学校納付金 8,300 11,100 5,800
修学費 46,600 42,300 51,400
課外活動費 40,600 47,900 47,800
通学費 103,200 14,200 21,100
食費 99,200 228,500 300,100
住居・光熱費 ・・・ 128,200 529,400
保健衛生費 37,200 29,500 38,100
娯楽・し好費 112,600 128,100 147,400
その他の日常費 96,200 89,400 116,100
1,045,100 1,191,100 1,769,000

(日本学生支援機構「平成18年度学生生活調査」、単位:円)

学校から強制的に買わされるもの

入学金や授業料より問題なのは、学校側から強制的に買わされるモノである。高専に入学して買わされるのは、制服・体操服・ジャージ・体育館シューズ(それぞれ学校によって異なる)といった一般的なものと、作業着・白衣(それぞれ学科によって異なる)などの専門的なものになる。

私の場合は、学校指定の体操服・ジャージ・体育館シューズ・作業着・白衣に加えてポケットコンピューター(約1万円)を購入した。

高専の場合、学校から強制的に買わされるモノで高額なものはなく、ごく一般的な高校とほぼ同じである。

入学後必要なもの

高専入学後に自主的に購入するもので高額な商品は、パソコンだ。

パソコンについて高専で必要なパソコンのスペックで詳しく紹介しているが、学校が推奨するスペックを満たすパソコンなら10万円程度はかかるでしょう。

補足:修学旅行や通学費用は注意

修学旅行

これは高専に限らず一般の高校でも言えることだが、修学旅行は事実上強制参加のため、嫌でも参加することになる。

学校によっては10万円の参加費用をかけるところもある。例えば、石川高専に入学すると旅行積立金1万5000円を7回納入する、つまり修学旅行に10万5000円かかる。

よって、進学先の修学旅行を入学前にチェックするのも費用節約につながる。

通学費用

進学先によっては通学費用の負担が大きいところもあるので注意だ。

スポンサードリンク