>  > 高専生の入学後の進路

高専生の入学後の進路

スポンサードリンク

高専入学後の進路先は大学が25%、専攻科が15%、就職が60%である。高専における進学や就職の特徴を解説する。

半分は進学、半分は就職する

次の図は高専機構が公表している統計データより作成した、高専生の卒業後の進路である。
統計データ
(専攻科とは高専卒業後2年間在籍する教育機関である。)

国立高等専門学校機構によれば全国の高専で卒業生は毎年9000人程度いる。上の図のように高専生の15%は専攻科、25%大学へ進学、60%は就職している。

進学する場合・・高専生は専攻科か大学3年生へ進学できる

高専と他の教育機関の進路の違いを図で表すと、
進路

一般的には高校卒業後、大学1年生から入学する。一方、高専は5年生を修了(卒業)後、大学3年生へ編入する。(まれに、高専を卒業後、理工学部以外の学部へ大学1年生から入学する学生がいる。私の知る限り同級生に1人いた。)

詳しくは簡単に大学へ進学できる高専卒業し隊-高専から大学編入へ。

大学卒業後は大学院へ

最近の理工学部の学生は大学を卒業後、大学院に進学する学生が増えている。国公立の大学院理工学部の進学率は60~70%である。(詳しくはWikipedia-大学院進学率へ。)

そのため、高専から大学へ進学した学生は、大学院へ行くことも視野に入れるべきでしょう。

高専から企業へ就職する場合

高専から一般企業へ就職するのは簡単であり、高専は就職率99%、求人倍率25倍を誇る。よって、一般の大学生に比べて高専生は簡単に就職できるのだ。

よって、同じ学力の他の普通科高校と比べて就職する学生が多い。(詳しくは大学生より数十倍楽な就活高専卒業し隊-高専生の就職へ。)

就職活動は5年生の春~夏にかけて行われる。遅い人でも秋には就職先が決まっている。

スポンサードリンク