>  > 教員の平均年収は764万円

教員の平均年収は764万円

スポンサードリンク

高専の教員の平均年収は764万円である。

月収46万円、ボーナス200万円

国立高等専門学校機構(以下、高専機構)では教員の平均給与を公開している。詳しくは国立高等専門学校機構-役職員の報酬・給与等について-平成24年度へ。

高専で勤務する各種職員の現状は以下の表のようになる。

高専で働く労働者の給料
区分 平均年齢 年間平均給与額
総額 うち
所定内
うち
通勤手当
うち
賞与
事務・技術 42.2才 533.1万円 401.4万円 8.8万円 131.7万円
教育職務
(高専教員)
47.5才 764.2万円 564.5万円 7.9万円 199.7万円
海事職種(一) 50.6才 482.6万円 508.9万円 10.5万円 173.7万円
海事職種(二) 38.0才 463.7万円 351.9万円 7.0万円 111.8万円
看護師 48.2才 544.9万円 408.9万円 7.8万円 136.0万円

高専機構が公表している情報によると、高専で勤務する教員は平均年齢48歳で年収は764万円である。

年収の詳しい内訳は月収46万円、通勤手当8万円、ボーナス200万円である。

給与に対して専門科目の教員は不満

高専の教員は2種類に別れる。数学・物理の教員と、専門科目の教員だ。

数学・物理・専門科目の教員の特徴
教員の担当分野 特徴
数学・物理 有名国立大学院卒の高学歴。
高専だけでなく、近隣の私立大学の授業も兼務する。
時間的な余裕がある。
給与に対する文句も言わない。
専門科目 学歴不明(ほとんどは大学院卒)。
何名かは高専卒業生。
一般企業に務めていたが、退職し、高専の教員になる。
時間的な余裕がない 。
給与に対する文句を授業などで言う 。

先ほどの年収764万円より、前者の「数学・物理担当」は給与が高いと思われるが、後者の「専門科目担当」は給与が低いと思われる。

給与は高校の教員と大学准教授の間

高等学校教員の給与&年収-年収ラボによると、平成22年度、高校の年収は以下のようになっている。

  • 平均年収:699万円
  • 平均月収:44万円
  • 年間ボーナス等:176万円
  • 平均年齢:43.6歳
  • 平均勤続年数:15.6年
  • 総労働時間:172時間/月

高校の教員は平均年齢44才で年収699万円である。高校と比較すると、高専は平均年齢が4才高めで、年収が65万円高いことになる。

また、大学助教授の年収&給与:862万円-年収ラボによると、平成22年度、大学准教授の年収は以下のようになっている。

  • 平均年収:862万円
  • 平均月収:53万円
  • 年間ボーナス等:220万円
  • 平均年齢:45.9歳
  • 平均勤続年数:11.3年
  • 総労働時間:164時間/月

大学准教授は平均年齢45才で年収862万円である。大学准教授と比較すると、高専の教員の方は平均年齢が2才高めで、年収が98万円低いことになる。

ついでに、大学教授の年収・給与を公開-年収ラボによると大学教授は平均年齢57才で年収1114万円である。

給与は毎年減り続けている。

高校の教員ならびに大学教授・准教授の年収は毎年減り続けている。原因として次の原因があげられる。

少子化

少子化の影響による学校経営の悪化等で、近年の教員の年収は減少傾向だ。

公務員をいじめて人気を取る政治家が増える

公務員の給与を削減し、国民からの支持を集める政治家が出始めた。不景気が進む中で、今後も増えるでしょう。

国・地方の財政悪化

社会保障費は毎年1兆円づつ増え続ける。財政削減のため、人件費のさらなる削減が進むでしょう。

スポンサードリンク