>  > 学費を大幅削減できる

学費を大幅削減できる

スポンサードリンク

高専から大学へ編入学することにより、大学卒業までに必要な学費を大幅に軽減できる。

高専5年+大学2年は総授業料が安くなる

高専と高校の大学卒業までにかかる学費は下のグラフのようになる。
高専と普通の高校の学費の比較

高専の年間授業料は23万4600円であり、公立高校無償化によって年額約11万8800円補助されるため、高専1~3年生の年間授業料は実質約11.6万円、高専4~5年生の年間授業料は通常通り約23.5万円である。

高専の学生は大学3年生へ編入するため2年分の授業を払わなくてよい。国立の大学の年間授業料は約53万円であり、通常の大学1年生から入学した学生に比べ、学費を削減できる。

大学へ進学した歳、卒業までにかかる学費は以下の通りだ。

  1. 国立高専5年+国立大学2年:入学金8.5万円+授業料11.6万円×3年+23.5万円×2年+入学金28万円+授業料54万円×2年=226万円
  2. 公立高校3年+国立大学4年:入学金0.6万円+授業料0円×3年+入学金28万円+授業料54万円×4年=245万円

大学4年生まで進級した場合、高専は公立高校に比べて単純計算で19万円得をする。

また、高専の専攻科(高専卒業後、任意で在学する2年間の教育機関)に進学すると大卒と同じ資格がもらえる。入学金・授業料も高専本科と同じなので、大学の学費と比べて安く済む。

スポンサードリンク