>  > 学力選抜における内申点の影響度

学力選抜における内申点の影響度

スポンサードリンク

高専の学力選抜において、内申点は合否にどれくらい関係しているのかを考える。

学力選抜は内申点が高くない受験生同士の勝負へ

内申点の良い受験生は推薦選抜で合格するため、学力選抜では、内申点が高くない受験生同士で点数を競い合う。

実質的な調査書の比率はやや低くなる

例えば函館高専を受験する場合、点数配分は以下のようになる。

学力検査800[(数学100+英語100+理科100)×2+社会100+国語100]+調査書360=計1160点

評定が1教科あたり5段階中平均「4」を獲得していれば、360×4/5=288点。 もし、入試当日の筆記試験で全教科60パーセントの点数を取った場合、(60×3)×2+60×2=480点

よって、調査書が試験の全得点に占める実質割合は288/(288+480)=37.5パーセント。

調査書が合計得点に占める割合
調査書点(評定) 筆記試験の得点
(各教科の平均)
合計得点 調査書が合計得点に占める割合
満点 360点
(5)
800点
(100点)
1160点 45%
実際 288点
(4)
480点
(60点)
768点 37.5%

内申点が良い受験生は、実質15パーセント増し

学力選抜で調査書は(各高専で異なるが)点数配分の20~30パーセントを占める。どれくらい調査書が関係しているのかを考える。

例えば函館高専を受験する場合、点数配分は以下のようになる。

学力検査800[(数学100+英語100+理科100)×2+社会100+国語100]+調査書360=計1160点

評定が1教科あたり5段階中平均「4」の受験生Aと「3」の受験生Bの点数差は360×(4-3)/5=72点。 もし、入試当日の筆記試験で全教科60パーセントの点数を取った場合、(60×3)×2+60×2=480点

よって筆記試験のみを考えた場合、受験生Aは受験生Bより次の値が実質割増となる。

72/480=15パーセント。

調査書と筆記試験の合計得点
函館高専 調査書点
(評定)
筆記試験の得点
(各教科の平均)
合計得点
受験生A 288点
(4)
480点
(60点)
768点 72点
受験生B 216点
(3)
480点
(60点)
696点

つまり函館高専の学力選抜では、内申点が良い受験生は、他の受験生より点数が15パーセント増しの感覚である。

結論:内申点の影響は限定的

よって、学力試験における内申点の影響は筆記試験の得点の10~20パーセント程度と考えられる。

10~20パーセントは、筆記試験の運によって左右される点数の範囲だ。つまり内申点が低くても、筆記試験で高得点を取れば合格の可能性は十分にある。

スポンサードリンク