>  > 高専と公立高校の併願方法

高専と公立高校の併願方法

スポンサードリンク

高専と公立高校は併願受験することができる。高専の併願制度を詳しく紹介する。

併願受験は3種類

併願制度は学校によって異なるが、以下の3つに大きく分類される。

  1. 高専第一志望型(一般的な併願受験)
  2. 公立高校第一志望型
  3. 複数校志願受験制度

高専第一志望型

日本全国の国公立高専は公立高校と併願受験することができる。

ただし一般的な国公立高校の併願制度と同様に、先に合格した学校に入学することになるため、高専を受験する場合は、高専を第一志望、公立高校を第二志望としなければならない。

下の図は、高専と公立高校の一般的な併願受験方法である。
高専と公立高校の一般的な併願

高専の推薦選抜や学力選抜で合格すれば、高専に入学できるため、公立高校は受験しない。

一方、高専の推薦選抜や学力選抜に不合格となった場合は、公立高校の後期試験(都道府県によっては名称が一般入試)を受けることができる。

ただし、高専を受験すると公立高校の前期試験(都道府県によっては名称が推薦入試)を受験することはできない。

この「高専第一志望型併願」制度は全国のほとんどの国公立高専で実施されている。

公立高校第一志望型

前述した一般的な併願制度とは異なり、下の図のように、いくつの高専では、高専に合格しても公立高校を受験できる制度を採用している。
公立高校と高専の併願

公立高校に合格すれば、高専の合格を破棄することが可能であり、公立高校に入学できる。また、公立高校の合格を破棄して、高専に入学することも可能だ。

この「公立高校第一志望型併願」制度は主に入試倍率の低い高専で実施しており、(私の確認した限り2015年度時点で)函館苫小牧釧路旭川富山鈴鹿舞鶴奈良米子松江津山広島徳山大島弓削高専で実施している。

主に、公立高校を第一志望、高専を第二志望とする受験生に向いている制度である。

複数校志願受験制度

(高専と公立高校の併願の話とは少しずれるが、)いくつかの高専では、受験生は指定された高専を複数校受験できる制度を採用している。

大島・広島・弓削商船の場合は「複数校志願受験制度」という名称で、商船学科に限り、その3高専で2校まで同時に受験できる。

例えば第一志望の大島商船で試験を受けて不合格になっても、第二志望の広島商船に成績が反映されて合否が判断される。
高専複数校同時受験

この「複数校志願受験制度併願」制度は主に入試倍率の低い高専で実施しており、(私の確認した限り2015年度時点で)釧路旭川大島広島弓削高専で実施している。

また、都立高専のように、どの国公立高専とでも併願受験できる学校もある。東京高専と都立高専を併願受験することも可能だ。

特殊な併願制度を採用している学校の見つけ方

「公立高校第一志望型」や「複数校志願受験制度」といった特殊な併願制度を採用している学校の入試の特徴は「募集人数に対する合格者数が約2割以上多い」ことや「2次募集が実施される」ことだ。

過去の入試データを見て、募集人数に対する合格者数が多い高専があれば、その高専は特殊な併願制度を採用している可能性がある。

注意:募集要項で確認を!

入試制度は各都道府県によって多少異なる。また、併願を規制している学校や、制度を変更する学校もある。よって併願受験する際は、学校の募集要項で確認するか、メールで直接確認した方が良いでしょう。

スポンサードリンク