>  > 面接で落ちる人の特徴

面接で落ちる人の特徴

スポンサードリンク

高校入試などの面接試験で落ちる、受験生の回答や態度を紹介する。

「何も答えない」は確実に落ちる

私の在籍していた高専の教員いわく、「敬語が話せない」または「質問に答えれず黙りこむ」学生は0点に近い評価をされ、面接で落ちる原因となる。

敬語が話せない

ごく稀に敬語が話せない学生がいるが、0点またはマイナスに近い評価をされる。

何も答えない

質問に対して何も答えられずに10~20秒黙り続ける学生は多々いるが、質問者を無視しているのと同じなので0点に近い評価をされる。

「わかりません」は落ちやすい解答

わかりません・知りません

わかりません・知りませんは、試験で解答欄を空欄にしたのと同じで、0点に近い評価をされる。ただし、前述した「何も答えない」よりもマシな評価を受ける。

特にありません

「なにか質問は?」ときかれたときの禁止ワードは、「別にありません・特にありません」である 。そもそも学校に在籍したことがない以上、どれだけ調べても調べ足りないのが普通だ。そのため、学校への興味がないように思われてしまう。

スポンサードリンク