>  > 高専のその他の疑問について

高専のその他の疑問について

スポンサードリンク

高専に関するその他の質問や疑問を紹介する。

Q1:専攻科とは?

A1:高専卒業後、任意で在学する2年間の課程

高専の専攻科とは、高専を卒業した後に2年間在籍する教育機関である。

Q2:本科とは?

A2:高専1年生から5年生のこと(神戸高専

専攻科(専攻科課程)に対し、本科は高専1~5年生の教育課程のことを言う。

Q3:今後、入学定員削減や統廃合がありそうなところは?

A3:神戸高専府大高専は入学定員削減、北海道と福岡県と山口県の高専は統廃合の可能性あり

借金が多すぎて平成26年度に早期健全化団体となる予定だった神戸市は、財政難を解消すべく、いずれは定員を5学科240人から5学科200人に削減するでしょう。

大阪府も、同じく借金が多すぎて平成24年度に起債許可団体となり、いずれ早期健全化団体に指定される予定。そのため、府立である府大高専も、いずれは募集定員が削減されるでしょう。

学校の統廃合の可能性が高まるのは入試倍率が1.0以下になった場合だが、少子化により入学希望者が毎年減り続けるため、全国の高専で統廃合の可能性が高まっている。

道内に函館苫小牧釧路旭川の4つの高専がある北海道や、県内に久留米有明北九州の3つの高専がある福岡県、同じく県内に徳山宇部大島の3つの高専がある山口県では、学校の統廃合の可能性が高い。

Q4:学力が最も高い高専はどこか?

A4:明石高専

明石高専の学力が、全国の高専で最も高いと言われている。実際に、東大・京大・阪大・名大への進学者数も高専で最も多い。

明石高専の次に学力が高いのは、群馬鈴鹿奈良高専と言われている。

徳山久留米大分高専も優秀だが、学校が九州または九州よりにあるため東大・京大・阪大・名大へ進学者数は少ない。

Q5:高専生は科学技術に熱意を持つ学生が多いのか?

A5:ほとんどいない

高専入学式の日、私の担任が高専新入生に向かって、「高専で何をしたいか、将来何をしたいか?」という質問に、大半の学生が「高専で友達と仲良く過ごせばいい」というような回答であった。

高専生の大半は、例えば高専で○○をしたい、などの具体的な夢を持たずに入学しているのが現状である。科学技術に対し、夢を抱いて入学する学生は少ない。

Q6:PTAや保護者会はあるのか?

A6:ある(神戸高専

PTAや保護者同士の親睦会などがあり、保護者が教員と交流する行事も年に数回ある。

ただし中学校と異なり、保護者と学校との距離が遠いため、中学校に比べて保護者が関与する行事は少ないし、全く参加しない人もいるでしょう。

スポンサードリンク