>  > チャイム・時間割・宿題のないオランダ型教育

チャイム・時間割・宿題のないオランダ型教育

スポンサードリンク

オランダの教育ではチャイムや時間割、宿題がない。個性を尊重し、人と争わない教育をしているため学習塾もない。

学費・交通費無料、テスト・宿題なし

下の動画は、オランダの教育現場を紹介したものである。

動画に紹介されている通り、以下の点が特徴的である。

  1. 入学試験なし
  2. 16才まで学費無料・交通費援助
  3. チャイムなし
  4. 時間割自由
  5. テスト・宿題なし
  6. 学習塾もない(人と争う教育をしていないため)

オランダのみならず、フィンランドやスウェーデンも同様の教育がなされている。

イジメなし

上の動画では紹介されていなかったが、三井美奈氏の著書「安楽死のできる国」によれば、オランダにはイジメがない。

理由は、三井氏によれば個性が尊重されているからだ。イジメといえば差別することによって生まれるが、個性が尊重される教育ではイジメが起きにくい。

日本でもオランダ型教育に近い学校がある

日本でもチャイム、時間割、宿題のないオランダ型教育を少し採用しているところがある。その典型例が「不登校専門の学校」と「田舎の学校」だ。

不登校専門の学校

下の動画は、不登校専門の学校を紹介したものである。

オランダの学校と同様に、チャイムはなく、授業内容も自分の能力に合わせることができる。また、教員1人あたりの生徒数が少ない。

おそらくイジメもなく、学習塾へも通わないでしょう。ただし、年間の授業料は60万円かかることがデメリットだ。

田舎の学校

秋田県は全国学力テストが1位である。朝日新聞がその理由を分析すると、以下の点がオランダと同じである。

  1. 教員1人あたりの生徒数が少ない(田舎のため子どもが少ない)
  2. 通塾率は最下位(田舎のため塾がない)

田舎独特の理由もあり、「朝食を食べる割合」や「学校への信頼」が高い一方で、「父子・母子家庭率」が少ない。つまり、子どもにとっては最適な教育環境となっているのだ。

スポンサードリンク