>  > 【高専あるある】自分は留年しないと思う人ほど留年する

【高専あるある】自分は留年しないと思う人ほど留年する

スポンサードリンク

成績が悪いにもかかわらず、「自分は留年しない」と思っている人ほど、留年しやすい。

留年生の典型例を動画で見る

シグマペンシルという方が、ユーチューブで高専の「あるある」を動画で公開している。

成績が悪い学生ほど、宿題やレポートをしない

動画で紹介している事例の通り、私が在籍していた高専でも、宿題やテスト勉強をほとんどしない学生が何人もいた。

宿題やレポートの提出日になると、彼らは友達のものを写して、無理やり提出していたが、そのような学生ほど成績が悪かった。

裕福な学生が多い

彼らが留年することに危機感を抱かないのには、当然ながら理由がある。

なぜなら、彼らの中に、(私の知る限り)貧乏な家庭の者はいなかったからだ。

留年しても困らないのであれば、テスト勉強や宿題は、最小限することが最善な策である。

楽観主義者が多い

また、留年する者は楽観主義者が多く、今まで何とかなったから、次も何とかなるだろうと考えている者が多い。

ただ、楽観主義者の方が人生は楽しいので、楽しい高専生活を送れるのは事実であろう。

スポンサードリンク