>  > プログラマーの悲惨な未来

プログラマーの悲惨な未来

スポンサードリンク

日本人プログラマーは人件費の安い発展途上国のプログラマーと戦うことになり、仕事が減っていく。さらに、世界的なパソコンの普及に伴い、プログラマーが増えて競争が激化していく。

プログラミング教育が必修化

日本ではプログラミング教育が小中学校で必修化され、また、様々な分野でIT化が進んだため、プログラマーの需要が高まっている。

そのため、今後、日本人プログラマーが増えていくと予想されている。

発展途上国に仕事が奪われる

しかし、渡邉正裕氏の著書「10年後に食える仕事、食えない仕事」では、将来、日本人プログラマーは減ると予想している。

理由は、日本人プログラマーが世界中のライバルと戦わなければならず、同じ能力であれば、人件費の安い発展途上国のプログラマーに負けてしまうからだ。

発展途上国のプログラマーにとっては、母国の安い生活費で暮らしながら、先進国の裕福な消費者に向けて稼ぐことができるので、メリットは大きい。

プログラミング言語という世界共通の言語を利用することで、世界中に商売ができる一方、世界中のプログラマーをライバルにしてしまうため、非常に激しい競争が起こり、日本人にとって過酷な戦いが待っている。

さらにライバルが増えていく

日本のパソコン普及率は高止まりする一方で、世界ではパソコンの普及率は急激に増えている。

今まであれば、プログラマーは先進国だけの職業でありライバルも少なかったが、パソコンの普及に伴い、世界中でプログラマーが増えて競争が激化した場合、人件費の高い日本人プログラマーの仕事は減っていく。

スポンサードリンク