高専入試で出題される適性検査とは

スポンサードリンク

一部の高専の推薦選抜で出題される「適性検査」について、どのような試験なのかを解説する。

内容は入試の小テスト

適性検査とは、学力選抜で出題される問題を簡略化したものであり、いわば入試の「小テスト」である。

適性検査の試験内容も入試に近く、(受験する学校によって異なるが)基礎的な問題で構成されている。

よって適性検査の対策は、普通の入試対策と違いはない。

学校側は適性検査を実施することにより、受験者の評点(内申点)と学力に差がないかを確認することができるので、様々な学校が適性検査を実施しているのだ。

サンプル問題は公開されている

茨城高専では以下のページで適性検査のサンプル問題を公開している。
平成29年度年度推薦選抜適性検査サンプル(数学&理科):最終版.docx

インターネットで「高専 適性検査 サンプル」で検索すれば、茨城高専以外にも適性検査を公開している高専は多数あり、受験生にとっては問題を知る大きな助けになるでしょう。

スポンサードリンク