>  > スポーツ選手が実践している本番で緊張しない方法

スポーツ選手が実践している本番で緊張しない方法

スポンサードリンク

プロのスポーツ選手が実践している、試合本番で緊張しない方法を身につけると、入試でも緊張せずに挑むことができる。

その方法は次の通りだ。

  1. 失敗することを前提にする
  2. 勝負以外のことに関心を向ける
  3. 絶対に成功できると思い込む

これら3つ内容を、それぞれ詳しく紹介する。

失敗することを前提にする

試合中に失敗することで落ち込んでしまい、その後のプレーに悪影響がでてしまう。

そこで、「今日は10回くらい失敗しよう」と決めておき、成功すればラッキーくらいの考えで試合に挑むことで、失敗を気にせずにプレーを続けることができるのだ。

この「失敗すること」を前提にして緊張を緩和する方法は、サッカーや野球など、年間の試合数が多いスポーツで実践されており、選手は精神状態を1年中安定に保つことができる。

入試も同様に、本番の試験で何度も間違えることを前提にすることで、ミスを恐れずに試験を受けることができるのだ。

勝負以外のことに関心を向ける

「試合を楽しみたいと思います」

この言葉をスポーツ選手がインタビューでよく使っているが、これは「試合に勝つ」という目標から、「試合を楽しむ」という別の目標に向けることで、「勝たないといけない」というプレッシャーを緩和する方法である。

試合に勝っても負けても精神状態を安定できるので、試合のスケジュールが過密なスポーツに向いている精神安定法である。

入試も同様に、緊張した雰囲気を楽しむことを目標にすれば、問題が解けなくても焦りにくくなる。

絶対に成功できると思い込む

「絶対に優勝します」

この言葉は、水泳やボクシングといった、年間の試合数が少ないスポーツの選手がよく使っている言葉だが、これは「勝つのは俺だ」と自分に暗示をかけることで、自信を持たせ、100パーセントの力を発揮できるようにしている。

たとえ試合で負けても、次の試合まで期間が長いので、その間に精神状態を元に戻せるのだ。

入試も同様に、「絶対に合格できる」と思い込むことで、自分の力を100パーセント出し切ることができる。

最適な方法は人によって異なる

今回、本番で緊張しない方法を3つ紹介したが、どの方法が最適なのかは人によって異なるため、自分に最適な方法を選ぶことが重要だ。

スポンサードリンク