>  > 機械工学科

機械工学科

スポンサードリンク

機械工学科の特徴を紹介する。

機械工学とは

機械工学とは力学を基礎とした考え方を用いて、機械の設計・製造や技術開発といった工学上の応用・実践を目指す学問である。具体的には、自動車、重工、家電、航空宇宙、ロボット、医療といった様々な産業分野の基礎学問となっている。

電気工学科や電子制御工学科でも力学を用いる。また、これらの学科と比べて学習する内容が同じであったり、似ているものも多い。しかし、これらの学科との大きな違いは機械工学科に「油を扱う実験実習」や「内燃機関を用いた実験実習」があることだ。

動画で見る

群馬高専ではyoutubeに機械工学科の紹介ビデオを公開している。

富山高専もyoutubeに動画を公開している。下は2013年度版。

そして、次は2009年度版。

授業内容

  1. 熱工学
  2. 流体工学
  3. 工業材料学
  4. 機械力学
  5. 材料力学
  6. 機械設計製図
  7. 機械工作法
  8. 制御工学
  9. 計測工学
  10. 情報処理

下の動画は群馬高専の製図設計の様子を紹介したもの。

下の動画に紹介されている切削加工の実験実習は、授業で何度か行う。

将来の就職先

  1. 鉄道整備士
  2. エンジニア
  3. 航空整備士
  4. CADオペレータ
  5. 工場(プラント)エンジニア
  6. 電力技術者
  7. 情報機器設計士
  8. ロケット開発エンジニア
  9. 生産機械・医療機械の設計開発
  10. 精密機器の開発エンジニア

など、幅広い分野に就職できる。

スポンサードリンク