>  > E判定の難関大学を大逆転で合格できる

E判定の難関大学を大逆転で合格できる

スポンサードリンク

高専からの大学に編入する場合、編入する年によって受験の難易度が大きく変化し、大学を何校でも受験できるため、運が良ければ難関大学をE判定(合格の可能性が低い)から大逆転して合格することが可能だ。

受験する年によって入試の難易度が大きく変化する

一般的な国公立大学の入試だと、募集人数が毎年同じである。

一方、高専生が受ける大学編入では、募集人数が毎年一定ではなく、さらに募集要項に「若干名募集」と曖昧な表現がなされていることが多い。曖昧な表現の理由は、学校の基準に達する学力で合格者を決めるためだ。

また、大学では退学者や留年生などにより、本来よりも学生数が少ない年や、反対に多い年があるが、受験する大学の学科の学生数が少なければ、(上限はあるが、)その分たくさん採用できるため、受験する年によって入試の難易度が変化する。

何校でも受験できる

記事「高専は大学に何校でも受験できる」で詳しく紹介したが、一般の高校生は国公立大学を1~2校しか受験できないため、浪人せずに現役合格するには、確実に合格する大学を受験することになる。

一方、高専生は国公立大学を何校でも受験できるため、浪人を気にせずに希望する大学を受けることができる。

また先ほど紹介した通り、受験する年によって入試の難易度が変化するため、運が良ければ難関大学をE判定から大逆転して合格することも可能だ。

スポンサードリンク