>  > 多彩な通学手段

多彩な通学手段

スポンサードリンク

電車・バス・自転車・バイクなどの通学方法について考える。

理想の通勤時間は30分以内

電車、自転車、バイク・・どの手段で通学しても理想は30分以内であり、それ以上時間がかかると精神的につらくなる。アットホーム株式会社-勤労感謝の日にあわせて、「通勤」の実態を調査(PDF)によると、社会人の通勤時間は次のようになっている。

  1. 理想:34分
  2. 現実:60分
  3. 限界:88分(1時間28分)

やはり、理想は30分程度で、1時間30分は「痛勤」となってしまう。

私も自宅から高専まで自転車で45~50分(10キロ)かかっていた。体力的には慣れるのだが、「毎日、往復で1時間半以上損しているのか」と思うと精神的にしんどかった。

そこで、できるだけ自宅から近い高専を受験したほうが良い。

電車のメリット・デメリット

自宅から高専へ通学する学生が最も多く利用している交通手段は、電車である。

メリット

  1. 通学手段の中で疲れにくい方である。
  2. 鉄道会社により電車が遅れると、延着証明書が発行される。つまり遅刻にならない。

デメリット

  1. 定期代がかかる。
  2. 田舎では電車の本数が少ない。
  3. 朝の通学時間帯は満員電車に乗ることになる。

電車通学の学生は、学校の最寄り駅から自転車で通学することは禁止されているので、最寄駅からは歩くことになる。

自転車のメリット・デメリット

交通手段として電車に次いで利用者が多いのは、自転車。また、寮の学生も校外への移動手段としてよく使う。

メリット

  1. 運動になる。
  2. 維持費が安い。

デメリット

  1. 体力を消耗する。疲れる。
  2. 事故を起こしやすい。
  3. パンクして動けなくなる。パンクのため遅刻する。

自転車通学に関して詳しい情報は「高専卒業し隊-自転車」へ。

バイクのメリット・デメリット

交通手段として自転車に次いで利用者が多いのは、バイク。

メリット

  1. 通学手段の中で疲れにくい方である。

デメリット

  1. 維持費が高い
  2. 事故を起こしやすい。

バイク通学に関して詳しい情報は「高専卒業し隊-バイク」へ。

バスのメリット・デメリット

自宅から高専へ通学する学生の中には、バスを交通手段として使っている人がたまにいる。

メリット

  1. 鉄道会社により電車が遅れると、延着証明書が発行される。つまり遅刻にならない。

デメリット

  1. 定期代がかかる。
  2. 田舎や時間帯によってバスの本数が少ない。
  3. 朝の通学時間帯は窮屈な状態で乗ることになる。

スポンサードリンク