>  > HDDとSSDとeMMCの違い

HDDとSSDとeMMCの違い

スポンサードリンク

HDDとSSDとeMMCの違いを紹介し、それぞれの特徴や速度を比較する。

表で比較

HDDとSSDとeMMCの違いは以下の表の通りだ。

HDDとSSDとeMMCの違い
HDD SSD eMMC
特徴 現在のパソコンの記録媒体として多く使われている。磁気ディスクにデータを保存する。 フラッシュメモリを用いた記憶装置。メモリーチップにデータを保存する。 SSDの一種であり、SSDより構造が簡素化されている。
読み書き速度 普通 非常に速い やや速い
消費電力 高い 低い 非常に低い
大きさ 大きい 普通 小さい
データ容量 大きい 小さい 非常に小さい
耐衝撃性 弱い 強い 強い
データ容量あたりの価格 安い 高い 高い
主な搭載端末 デスクトップPC
ノートPC
ノートPC
タブレットPC
タブレットPC
スマートフォン

(上の表以外に、SSDとHDDを融合させた「ハイブリッドHDD」もある。)

速度比較

SSDとHDDとeMMCの読み書き速度を比較すると、ベンチマーク結果は下の図の通りだ。

SSD、HDD、eMMCの速度比較
(左からSSD、HDD、eMMC。数字が大きほど速い。出典: Golem.de -eMMC, HDD oder SSD?

一般的にSSDが最も速く、HDDやeMMCの3倍以上の読み書き速度がある。

SSDとeMMCは、バラバラの場所からデータを読み取る「ランダムアクセス」(上の画像では4K、4KQD32の値)がHDDに比べて非常に高いので、起動時間が速い。よって、eMMCとHDDを比べた時、eMMCの方が速く感じる。

HDD

HDD(ハードディスクドライブ)は低価格で大容量のデータを保存できることが特徴であり、主に大量のデータを長期間保存する用途に向いている。

近年では大容量化と低価格化が進んでいる。

SSD

SSD(ソリッドステートドライブ)は読み書き速度が非常に速く、消費電力が低く、衝撃にも強いので、タブレットパソコンやノートパソコンのようなモバイル端末に向いている。

近年では高速化と大容量化、そして低価格化が進んでいる。

eMMC

eMMC(組み込み用マルチメディアカード)は消費電力が非常に低く、超小型化も可能な記憶装置だ。主にスマートフォンのような超小型モバイル端末に搭載されている。

近年では高速化と大容量化が進んでいる。

スポンサードリンク