>  > ノートパソコンとデスクトップパソコンの違い

ノートパソコンとデスクトップパソコンの違い

スポンサードリンク

ノートパソコンとデスクトップパソコンの違いを紹介し、それぞれの特徴・メリット・デメリットを解説する。

ノートパソコン

一般的なノートパソコンでは、パソコン本体、キーボード、ディスプレイが一体になっている。

ノートパソコンのメリット

  1. 持ち運びができる
  2. 消費電力が小さい
  3. 省スペース

ノートパソコンのデメリット

  1. コストパフォーマンスが悪い
  2. ディスプレイが小さい
  3. ディスプレイが壊れると本体も使用できない

ノートパソコンの種類

ノートパソコンパソコンはサイズや性能によって8種類以上に分類することができ、それぞれ特徴がある。
ノートパソコンの種類

ノートパソコンのそれぞれの特徴についてはノートパソコンの種類へ。

デスクトップパソコン

一般的なデスクトップパソコンでは、パソコン本体、キーボード、ディスプレイがバラバラに離れている。

デスクトップのメリット

  1. コストパフォーマンスが良い
  2. ディスプレイやキーボードを自由に交換できる
  3. 高性能なパーツを搭載できる

デスクトップのデメリット

  1. 持ち運びに不便
  2. 消費電力が大きい

デスクトップの種類

デスクトップパソコンはサイズや性能によって5種類に分類することができ、それぞれ特徴がある。
デスクトップパソコンの種類

デスクトップパソコンのそれぞれの特徴についてはデスクトップパソコンの種類へ。

スポンサードリンク