>  > スマホ用冷却ファンで温度上昇を抑える

スマホ用冷却ファンで温度上昇を抑える

スポンサードリンク

スマートフォンが熱くなることで、アプリが使用できなくなったり、バッテリーの劣化が進んだり、発火する場合もあるが、冷却ファンを使うことでスマートフォンの温度上昇を抑えることができる。

冷たいもので冷やすと故障の原因に

冷蔵庫に入れる、または冷たい飲み物を密着させてスマートフォンを冷やすこともできるが、専門家によればスマートフォンを急激に冷やすと内部で結露が発生し、故障の原因となる。

そこで、本来は冷房や扇風機でゆっくり冷やすことが望ましい。

小型軽量の冷却ファンが登場

2016年の夏に配信された位置情報ゲーム「ポケモンGO」の影響で、スマートフォンに使える冷却ファンが様々なメーカーから登場した。これらの冷却ファンは小型で軽く、モバイルバッテリーを電源とする製品が多い。

一方、冷却能力は低く、ファンの音がするので、外でスマートフォンを利用する用途に向いているでしょう。

2016年度時点で、スマホ用冷却ファンを販売しているメーカーの中から、次の3製品を比較した。

スマホ用冷却ファンを比較
メーカー サンワサプライ タイムリー ZooooM
製品名 400-CLN023 POKEFAN ZM-SUMAREI-BK
バッテリー容量 1,000mAh 不明 なし
本体充電時間 1.5時間 不明
冷却可能時間 5時間 不明
本体からスマホへ充電
スマホへの最大出力 5V/0.5A
ノイズ 24dB 22dB 不明
風量 4.53CFM 5.1CFM 不明
スマホの使用可能サイズ
(mm)
縦:無限
幅:53~95
縦:無限
幅:無限
縦:無限
幅:無限
スタンド機能 × ×
風量切り替え機能 × × ×
本体サイズ
(mm)
W61
H118
D41
W90
H54
D18
W58
H110
D14
保証期間 6ヶ月 不明 不明
その他 モバイルバッテリーとして使える。 シリコン粘着で固定するため、他の機器にも使用できる。
本体とバッテリーが離れている。
タブレットにも使用可能。
市販のモバイルバッテリーを電源とする。
本体とバッテリーが離れている。
価格 3,980円 2,680円 3,480円

(価格は2016年8月時点、Amazonの最安値を参照)

サンワサプライ「400-CLN023」

サンワサプライ社の「400-CLN023」は、ファン部分とバッテリーが合体しているため持ちやすい。

また、スマートフォンの充電と冷却を同時にすることが可能なため、充電中のスマートフォンの温度上昇を防ぐことができる。そしてUSBポートを搭載しており、スマートフォンのバッテリーを充電できるためモバイルバッテリーとしても利用できる。

タイムリー「POKEFAN」

タイムリー社の「POKEFAN」は名前の通り「ポケモンGO」を意識して販売した冷却ファンであるが、タイムリー社の公式サイトにも詳細なスペックの記載がなく、実態が不明である。

POKEFANはシリコン粘着で固定するため、タブレットパソコンなどの他の機器にも使用できる。

一方、冷却ファンとモバイルバッテリーが分離しているため、それらをつなぐケーブルが邪魔になる。

ZooooM「ZM-SUMAREI-BK」

ZooooM社の「ZM-SUMAREI-BK」は公式サイトがなく、詳細なスペックが不明であるが、吸盤をつかって本体をスマートフォンに固定するタイプの製品なので、タブレットパソコンなどの他の機器にも使用できる。

電源となるバッテリーを搭載していないため、外で使う際は市販のモバイルバッテリーが必要となる。

スポンサードリンク