実はこんなにかかる!高専で必要な実際の学費

スポンサードリンク

各学校の公式サイトには学費として入学金と授業料のみが掲載されている場合が多い。しかし実際には教科書代や実習費、野外活動費、パソコン購入費といった高専生活に必要な費用がさらに数十万円かかる。

入学金や授業料以外に初年度は10万円以上必要

下の表は高専に入学した初年度に請求される費用である。

高専初年度に必要な費用一覧
金額 備考
学生会費 年額6,600円 前期4月末、後期10月末に分けて納入
後援会費 年額1万2000円 前期4月末、後期10月末に分けて納入
クラス費 年額4200円 前期4月末、後期10月末に分けて納入
後援会入会金 8000円 入学時のみ
実習費 年額1200円 前期4月末、後期10月末に分けて納入
教育環境充実費 年額3600円 前期4月末、後期10月末に分けて納入
野外活動参加費等 1万7000円 入学時のみ
教科書・教材教具費 5万~8万円 毎年購入する必要あり.
学科により異なる.
学校指定の制服・体操服・ジャージ・体育館シューズ・作業着・白衣など 各約1万円〜5万円 学校・学科により異なる

神戸高専の公式サイトから一部引用)

初年度に最低限必要な費用は10万円

入学金(約8.5万円)や授業料(年間12万円、高校無償化による減額後)以外で、高専初年度で必要な費用は最低でも約10万円だ。

学校指定品を買うなら、さらに数万円

また一部の高専では学校指定の制服(約4~5万円)や体操服、作業着(学科により異なる)、白衣(学科により異なる)も請求されるので、先ほど紹介した10万円に加えてさらに数万円必要となる。

私が在籍した高専では制服がなく、学校指定の体操服、ジャージ、作業着、白衣を学生に購入させるが、学校に相談すればジャージなどは買わなくて良い仕組みだった。よって既に同様のものを持っているなら学校に相談したほうが良いでしょう。

初年度以外でも、さらに数十万円必要

下の表は、高専入学時は必要ないが、いずれ必要になる物とその費用である。

高専入学時以外で必要な費用一覧
金額 備考
パソコン 約10万円〜30万円 5年間使用する場合
パソコン関連品(プリンターなど) 約1万円〜5万円 5年間使用する場合
リクルートスーツ 約3万円 4年生以降に必要
修学旅行費 0円〜約10万円 学校により異なる

パソコンは高専生活で必要

沖縄高専のように入学時にノートパソコンを強制的に購入させる高専もあるが、強制でなくてもパソコンは高専生活で必要であり、記事「高専で必要なパソコンのスペック」で紹介したオススメのスペックを持つパソコンを購入するなら約10万円〜30万円かかる。

プリンターがあれば便利

モバイルモニターやモバイルバッテリーなど、オススメのパソコン関連製品はたくさんあるが、特にオススメなのがプリンターである。

レポートをコピーしたり印刷するためにスキャナー付きのプリンター(複合機)も持っていた方が良く、できれば印刷コストが安いエプソンの「エコタンク」シリーズやキャノンの「ギガタンク」シリーズがオススメだ。

リクルートスーツはいずれ必要になる

受験または就職する際の面接時にリクルートスーツも必要になり、下の画像のようなセットだと男女ともに約3万円かかる。

高専と高校と大学の進学の違いは次の図の通りである。
リクルートスーツ一式
(出典:AOKIーお得なセット

修学旅行がある場合は10万円

これは高専に限らず一般の高校でも言えることだが、修学旅行は事実上強制参加のため、嫌でも参加することになる。

費用も高く、例えば石川高専では旅行積立金として1万5000円を7回納入、つまり10万5000円必要だ。(現在の価格は不明)

学校によっては修学旅行がない場合もあり、私の在籍していた高専にはなかった。

節約できる費用もある

先ほどまで高専生活でかかる費用をたくさん紹介してきたが、反対に高専に入ることで中学校や普通高校と比べて節約できる費用もある。

高専入学時以外で必要な費用一覧
節約できる金額
大学受験 数十万円〜数百万円
就活 数万円〜数十万円

高専生は学習塾へ行かず独学で大学を受験する

普通高校から難関大学に入るために学習塾に加えて家庭教師まで雇うご家庭もあるが、高専生のほとんど(特に難関大学に受験する学生ほど)学習塾へはいかず、独学で受験勉をするため塾代は不要だ。

なお学習塾へ行かない理由は記事「塾なしで難関大学を合格できる」で紹介したが、学習塾へ行くメリットがほとんどないからである。

高専生は学校推薦で内定を取る

文系学科の大学生が就活する際は100社程度に応募して何社も面接しに行くが、その分、交通費や宿泊費などに多額の費用をかけて内定を取っていく。

一方、高専から就活する際は大半の高専生が学校推薦で地元の企業へ応募し、さらに数社以内に内定を取るため費用がほとんどかからない。

まとめ:学費以外に年間10万円以上の費用が必要

今回紹介した費用をまとめれば、入学金や授業料以外に平均して年間でだいたい10万円以上の費用が追加で必要だ。

一方、高専は就職や進学にかかる費用を数万円から数百万円節約できる。

よって比較的裕福な世帯ではお得に見えるが、貧困世帯にとってはつらい状況となる。

また記事「授業料よりも高額な場合も!通学手段別の費用を比較」で紹介したが、徒歩や自転車以外の方法で通学すると多額の費用がかかる。

通学別の費用を比較
5年間の通学費用
徒歩 0円
自転車 113,022円〜
バイク 739,550円〜
電車・バス 数万円〜

スポンサードリンク